top of page
  • 執筆者の写真SantilloFrancesco

(2)2社目 イタルデザイン

1991年5月フランコさんは晴れてイタルの一員となった。

南出身のデザイナーは、珍しい存在だったけれど、

外国人も多いから気にはされなかった。

スペイン人、韓国人、そして日本人も2人いた。


イタルで働くカーデザイナーは、常時12,3人くらいしかいない。

それだけの人数で、世界中のクルマをデザインしていた。


3プロジェクト並行は当たり前。一人ですべての工程をこなす。

「イタリア人は働かないって日本人は言うけれど、

何を見てそう思うのだろうね?」


フランコさんはいつも忙しく、土日の出勤も多かった。

けれど、「充実しているよ」。


入社して初めてわかったこと。

それは、イタルに入社したからといって、ジョルジェット・

ジュジャーロと共に仕事が出来るわけではないということ。


「GGが、デザインルームに現れるだけで、空気が変わるんだ!

GGの下で仕事がしたいなぁ」と、彼は目を輝かせながら

僕に話してくれた。




最新記事

すべて表示

(1)転職の理由

フランコさんは、現在に至るまで何度も転職をしている。 ヨーロッパでは、転職をすることは、その会社の 良いところを巻き取って、次へ移っていくキャリアアップ。 「日本では、ネガティブイメージなんだ。」 僕だって、彼の転職のたびに 「どうなっちゃうんだろう、僕たち」 と不安に思ったものだ。 イタリア人のフランコさんが、どうして転職をし、 日本で起業するに至ったか。 日本人には新鮮かもしれない・・・とネコ

(3)GGから学んだこと

「デザインって“美しい”だけじゃダメなんだ。それに デザイナーは、アイデア技術者。アイデアから技術が 生まれることも多い。」これがフランコさんのベース。 今ではデザイナースキル必須のレンダリング。 そのレンダリングも、ジョルジェット・ジュジャーロには無用。 レンダリングは、嘘や誇張が可能だから、 インパクト勝負。実際のクルマは再度デザインし直すことになる。 それが「時間の無駄」。 プロ同士なら、ス

bottom of page