top of page
Product

ロードバイク「RB-01」

 

SANTILLO CICLIのブランドロゴはチーター。
RB-01のインスピレーションは、地球上で最も速くて美しい動物、チーターから発想を得ています。

この形状は、「獲物を狙うチーターが、躍動的に大地を駆ける姿」をモチーフにしています。

曲線形状が美しく繋がる絶妙なバランスに仕上げました。

img_btn_white.png
img_btn_black.png
img_btn_gray.png
img_btn_yellow.png
img_btn_red.png
img_btn_brown.png
img_btn_lblue.png
img_btn_blue.png
img_btn_orange.png
img_btn_w&r.png
img_btn_b&o.png
img_btn_y&b.png

ロードバイクのデザインに革命を

自転車の好きな方には、RB-01が非常に独特でユニークな形状であることが分かるでしょう。一般的に、ロードバイクフレームはUCI(国際自転車競技連合)が定める規則の範囲内で設計され、自転車としての安全性を確保したものがレースに参加できます。そのため規約に則って設計されたフレームはどのブランドも同じような形状になります。

サンティッロチクリのロードバイクは今までにないユニークな形状でありながら、UCI規定に則った安全性の高いフレームです。そして、すべてのライディングスタイルにマッチする非常にニュートラルなライディングポジションを追求しました。

軽量カーボンコンポジットフレームとフラットマウントの油圧ブレーキにより、ライダーは優れたコントロール性と柔軟性を提供し、あらゆる状況に対応可能です。

「規定により制限された枠の中で、自転車に真の“デザイン”をもたらし、革命を起こしたい。」これがロードバイクブランドの立ち上げた理由の1つです。

406384839_780729470737029_2017083943668393950_n.jpg

デザイナー サンティッロ・フランチェスコ

​サンティッロフランチェスコの紹介動画を作って頂きました。

鎌倉インターナショナルFC様、有難うございます!)

 

イタリア・ローマ生まれ

デザイン界の巨匠「ジョルジェット・ジウジアーロ」のデザイン会社イタルデザインからデザイナーとしての道を歩みはじめた。「カーデザイナー」としてイタリアのデザイン会社や、メルセデス・ベンツのデザインセンター、日本のトヨタ自動車に呼ばれたことをきっかけに来日。続いてホンダに在籍後に、「株式会社ネプチューンデザイン」として独立。

現在は鎌倉市に自らのデザイン事務所とカフェザガレージを経営しプロダクトデザイナーとして活動をしています。

bottom of page