• SantilloFrancesco

(3)会社事情その2

「日本とイタリアの会社のデザイナーの違いと言えばね。」


日本では転職が少ない。

他社デザイナーとの交流の機会が多いわりに人的流動は少ない。

マネージャーのスパンが短い。

当然だけど、マネージャーによって仕事の進め方や

評価基準が異なる。


初めて契約社員として働いた僕は、上が変わるたびに

右往左往する経験をした。

契約社員は仕事の評価で契約の更新をするかしないか

決まってくるので、マネージャースパンの短い日本では、

契約社員制度は向かない。実際、トヨタでは5年の間に3人、

ホンダでは3年の間に2人。


上がこれだけ変わると、集団として下は中庸を保たなければ

ならなくなる。常に高水準のクオリティを保つシステム

としてはいいけれど、デザインの世界では、個性の強い

突然変異を生かす環境でなければならないと思う。


また、工期重視で決められてできてもできなくても、

期日までに何が何でも仕上げようとする。

日本的といえば日本的だけれど。


NEP-D

http://www.nep-d.com

最新記事

すべて表示

(1)転職

フランコさんは、3年くらいごとに勤め先を変えた。 飽きっぽいわけでも、いい加減なわけでもない。 「今の会社がいやだからと転職しても、問題は同じさ。 カーデザイナーとしての経験を積みたかったんだ。」 デザイン会社、メーカーのどちらも経験した。 イタリアだけでなく、クルマの国日本でも企業勤めができた。 コンセプトを明確に打ち出すことのできるデザイン会社、 企画から参加できるメーカー。どちらにもそれぞれ

(2)会社事情その1

フランコさんから興味深いことを聞いた。 「イタリアと日本では、会社のイメージが ずいぶん違うんだ。」 イタリアから見た日本の会社のイメージは、 バリバリ働く忠犬(誉めています)。 ところが、仕事中や会議中に、ウトウトしている 怠け猫(なぜネコ?)もいるんだって。 従業員解雇の厳しいイタリアでも、仕事中の居眠りは 即解雇なのに。 「僕は人とコミュニケーションを図りながら アイデアを生んでいく。なのに