• SantilloFrancesco

(4)働き方①

「トヨタでもホンダでも、僕は“自由裁量”で働いていたんだ。」

自由裁量って?


「机に向かっている時間と仕事のできは比例しない」

じゃぁ、8時間会社にいなくていいんだね。自由でいいなぁ。


「みんなそう言うんだけれど、時間の自己管理って

以外に難しいものなんだよ。」


ネコの僕は、自己管理なんてないからなぁ。

会社以外でも仕事をしていたの?


「ディーラーを廻ったり、本屋へ行ったり。

家でPCソフトの練習もしていた。」


フランコさん、イタリアではPC使っていなかったもんね。


「トヨタで一番びっくりしたのは、すべてのデザイナーが

レンダリングをPCでしていたこと。トヨタを出てわかったけれど、

トヨタデザイナーのレンダリング技術はかなり高いよ。」


フランコさんも上手になった?


「まぁね。あと、僕はプロ契約社員だったんだ」


プロ契約?カルチョの選手みたい。


「まぁね。工程表と並行して日報をつけていたよ。

年に1度、査定があるからね。」


NEP-D

http://www.nep-d.com

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

(1)転職

フランコさんは、3年くらいごとに勤め先を変えた。 飽きっぽいわけでも、いい加減なわけでもない。 「今の会社がいやだからと転職しても、問題は同じさ。 カーデザイナーとしての経験を積みたかったんだ。」 デザイン会社、メーカーのどちらも経験した。 イタリアだけでなく、クルマの国日本でも企業勤めができた。 コンセプトを明確に打ち出すことのできるデザイン会社、 企画から参加できるメーカー。どちらにもそれぞれ

(2)会社事情その1

フランコさんから興味深いことを聞いた。 「イタリアと日本では、会社のイメージが ずいぶん違うんだ。」 イタリアから見た日本の会社のイメージは、 バリバリ働く忠犬(誉めています)。 ところが、仕事中や会議中に、ウトウトしている 怠け猫(なぜネコ?)もいるんだって。 従業員解雇の厳しいイタリアでも、仕事中の居眠りは 即解雇なのに。 「僕は人とコミュニケーションを図りながら アイデアを生んでいく。なのに