• SantilloFrancesco

(5)働き方②

「イタリア人と日本人って似たところが多いよ」


どんなところ?


「争いを好まない」


いつも口角泡飛ばしているじゃない?


「あれは議論。喧嘩じゃないでしょ?」


ふーん。カルチョのカテナチオ?


「いい例えだね。力任せに正面突破せずに

1つ1つ問題を解決して、平和を勝ち取っていく。」


平和ね。


「言葉の通じない会社内で困ったことが起きたらどうする?」


どうしよう。


「心理戦を勝ち抜くには、強い意志と情報収集力。

そしてブレーン。」


かっこいい。


「技術部にいると他部署のことがわからない。

日本語のわからない、外国人の契約社員には特に。」


大陸近くの小島にいるみたいな感じ?


「まさにその通り!歯がゆくて」


手に届きそうなのにね。


「このころ知り合ったばかりの子猫が仕事を探していたので、

“トヨタはどうですか?いい会社ですよ”と言ってみたんだ」


そそのかしたの?


「人聞き悪い。で、彼女は縁あってトヨタで職を得た。」


・・・フランコさん、策士。


NEP-D

http://www.nep-d.com

最新記事

すべて表示

(1)転職

フランコさんは、3年くらいごとに勤め先を変えた。 飽きっぽいわけでも、いい加減なわけでもない。 「今の会社がいやだからと転職しても、問題は同じさ。 カーデザイナーとしての経験を積みたかったんだ。」 デザイン会社、メーカーのどちらも経験した。 イタリアだけでなく、クルマの国日本でも企業勤めができた。 コンセプトを明確に打ち出すことのできるデザイン会社、 企画から参加できるメーカー。どちらにもそれぞれ

(2)会社事情その1

フランコさんから興味深いことを聞いた。 「イタリアと日本では、会社のイメージが ずいぶん違うんだ。」 イタリアから見た日本の会社のイメージは、 バリバリ働く忠犬(誉めています)。 ところが、仕事中や会議中に、ウトウトしている 怠け猫(なぜネコ?)もいるんだって。 従業員解雇の厳しいイタリアでも、仕事中の居眠りは 即解雇なのに。 「僕は人とコミュニケーションを図りながら アイデアを生んでいく。なのに