• SantilloFrancesco

(6)転勤

「すぐに子猫は僕の力になった」


どんな?


「年に1度の査定が終わってしばらくしたとき

“来年1月から東京へ転勤です”と言われたんだ。」


テンキン?


「僕が勤めていたのは、トヨタ本社。愛知県豊田市。でも

東京にデザインスタジオがあって、そこへ行け、という訳さ。」


外国人には東京のほうが嬉しいんじゃない?


「トヨタもそう言ったし、僕も初めはは喜んださ。

でも来年1月って、明日からクリスマス休暇って時にだよ。」


2週間で勤務地変更?


「日本ではよくあることらしい。で、子猫に報告したんだ。」


それで?


「東京スタジオって八王子でしょ?って」


八王子?


「東京駅から電車で1時間はかかる。」


それじゃ、名古屋から豊田みたいなもの?


「That’s right!行かないと決めた。」


でも会社の命令でしょ?


「契約書を見た子猫が、“勤務地は豊田市本社”と

限定してある、と。」


契約社員だから契約書は絶対だ。


「契約書の重要さを思い知ったね。」


NEP-D

http://www.nep-d.com

8回の閲覧

最新記事

すべて表示

(1)転職

フランコさんは、3年くらいごとに勤め先を変えた。 飽きっぽいわけでも、いい加減なわけでもない。 「今の会社がいやだからと転職しても、問題は同じさ。 カーデザイナーとしての経験を積みたかったんだ。」 デザイン会社、メーカーのどちらも経験した。 イタリアだけでなく、クルマの国日本でも企業勤めができた。 コンセプトを明確に打ち出すことのできるデザイン会社、 企画から参加できるメーカー。どちらにもそれぞれ

(2)会社事情その1

フランコさんから興味深いことを聞いた。 「イタリアと日本では、会社のイメージが ずいぶん違うんだ。」 イタリアから見た日本の会社のイメージは、 バリバリ働く忠犬(誉めています)。 ところが、仕事中や会議中に、ウトウトしている 怠け猫(なぜネコ?)もいるんだって。 従業員解雇の厳しいイタリアでも、仕事中の居眠りは 即解雇なのに。 「僕は人とコミュニケーションを図りながら アイデアを生んでいく。なのに