• SantilloFrancesco

(8)社員と契約社員 その2

イタリアでは、社員雇用が普通だよね。


「今はそうでもないけれど。」


デザインの仕事はプロジェクトごとになっているはず。

単純に期間限定の契約って有効?


「デザイナーの場合、プロジェクトを請け負う契約のほうが

しっくりくるかな。今まで話してきたのは、労働契約。」


労働契約終了後はどうなるの?


「契約更新がなければ即失業。」


生活の手段も自尊心も奪われる!


「さらに外国人の場合、失業=即出国。」


なぜ?


「日本で働く滞在許可VISAがなくなるから。」


そういうことを学んだから、社員を希望して就職活動を

したんだね。なのになぜ、3年契約でホンダに行ったの?


「日本に残りたかったから社員募集に応募したよ。

社員採用されれば、ホンダが最後の会社になると

思ったんだけど。」


契約だった?


「その頃ホンダは初めてのプロ契約デザイナー募集していた。

トヨタでも経験のある僕は、打って付けだったのかな」


どちらにしてもホンダは、最後の会社になった。


http://www.nep-d.com

6回の閲覧

最新記事

すべて表示

(1)転職

フランコさんは、3年くらいごとに勤め先を変えた。 飽きっぽいわけでも、いい加減なわけでもない。 「今の会社がいやだからと転職しても、問題は同じさ。 カーデザイナーとしての経験を積みたかったんだ。」 デザイン会社、メーカーのどちらも経験した。 イタリアだけでなく、クルマの国日本でも企業勤めができた。 コンセプトを明確に打ち出すことのできるデザイン会社、 企画から参加できるメーカー。どちらにもそれぞれ

(2)会社事情その1

フランコさんから興味深いことを聞いた。 「イタリアと日本では、会社のイメージが ずいぶん違うんだ。」 イタリアから見た日本の会社のイメージは、 バリバリ働く忠犬(誉めています)。 ところが、仕事中や会議中に、ウトウトしている 怠け猫(なぜネコ?)もいるんだって。 従業員解雇の厳しいイタリアでも、仕事中の居眠りは 即解雇なのに。 「僕は人とコミュニケーションを図りながら アイデアを生んでいく。なのに