• SantilloFrancesco

(10)自分を生かすには

Tra il dire e il fare c'e di mezzo il mare.

独立って、言うほど簡単じゃないよね。


「当然。仕事も自分で取らなきゃいけないし」


営業するんだ


「Chi cerca trova.転職活動と同じ。“僕はこれが やりたい。

僕ならこうします”ってね」


独立するには、人との出会いが重要?


「そう。僕を起用し、第一線で活躍させてくれたトヨタや

ホンダの人、そしてなによりジュジャーロに恥をかかせ

られないから、がんばらなきゃね」


家族の応援でトリノの学校に入学したときと同じ気持ちだね。


「プレッシャーというより、後ろから押され出る感じかな」


相変わらず、前向きだね。


「それと、自分の可能性を見つめる。限界は自分で決めない」


ほー。


「自分の限界を決めてしまうと、スケールの小さい人に

なっちゃうからね」


他には?


「未来を描く。未来を描けなければデザインできない。

社長はみなデザイナーだね」


NEP-D

http://www.nep-d.com

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

(1)転職

フランコさんは、3年くらいごとに勤め先を変えた。 飽きっぽいわけでも、いい加減なわけでもない。 「今の会社がいやだからと転職しても、問題は同じさ。 カーデザイナーとしての経験を積みたかったんだ。」 デザイン会社、メーカーのどちらも経験した。 イタリアだけでなく、クルマの国日本でも企業勤めができた。 コンセプトを明確に打ち出すことのできるデザイン会社、 企画から参加できるメーカー。どちらにもそれぞれ

(2)会社事情その1

フランコさんから興味深いことを聞いた。 「イタリアと日本では、会社のイメージが ずいぶん違うんだ。」 イタリアから見た日本の会社のイメージは、 バリバリ働く忠犬(誉めています)。 ところが、仕事中や会議中に、ウトウトしている 怠け猫(なぜネコ?)もいるんだって。 従業員解雇の厳しいイタリアでも、仕事中の居眠りは 即解雇なのに。 「僕は人とコミュニケーションを図りながら アイデアを生んでいく。なのに