• SantilloFrancesco

(14)準備 事務所を借りる

なぜ“ネプチューン”なの?


「マセラティのロゴは、ネプチューン。

僕をカーデザイナーに導いたクルマ、

マセラティ・ボーラから取ったんだ。

これは初めから決めていたよ。」


事務所は?


「横浜みなとみらい馬車道エリア。」


なぜ、馬車道に?


「日本が鎖国を解いて開港され、外国人が入ってきた。

彼らが馬車で往来した道だから馬車道というんだ。

馬の水のみ場や、ガス灯、また、旧第百銀行横浜支店

(現在高層マンション)や、旧生糸検査所(現横浜第二号同

庁舎)、旧横浜正金銀行本店(現神奈川県歴史博物館)、

旧日本郵船横浜支店(現日本郵船歴史博物館)など

歴史的建造物が多く残っている。見つけたところは

海近で古代ローマ、エトルリア神殿様式のトスカーナ式

円柱を残すアイランドタワー(旧第一銀行横浜支店)の目の前。

そのすぐ奥には近代的遊園地よこはまコスモワールド。

新旧混在するイタリアの街イメージにも近いんだ。

最高のロケーションでしょう?」


NEP-D

http://www.nep-d.com

最新記事

すべて表示

(1)転職

フランコさんは、3年くらいごとに勤め先を変えた。 飽きっぽいわけでも、いい加減なわけでもない。 「今の会社がいやだからと転職しても、問題は同じさ。 カーデザイナーとしての経験を積みたかったんだ。」 デザイン会社、メーカーのどちらも経験した。 イタリアだけでなく、クルマの国日本でも企業勤めができた。 コンセプトを明確に打ち出すことのできるデザイン会社、 企画から参加できるメーカー。どちらにもそれぞれ

(2)会社事情その1

フランコさんから興味深いことを聞いた。 「イタリアと日本では、会社のイメージが ずいぶん違うんだ。」 イタリアから見た日本の会社のイメージは、 バリバリ働く忠犬(誉めています)。 ところが、仕事中や会議中に、ウトウトしている 怠け猫(なぜネコ?)もいるんだって。 従業員解雇の厳しいイタリアでも、仕事中の居眠りは 即解雇なのに。 「僕は人とコミュニケーションを図りながら アイデアを生んでいく。なのに