• SantilloFrancesco

(17)晴れて社長!

晴れて“社長”だね!


「身が引き締まる思いだよ。」


課題は?


「新米社長インタビューでいきなり課題?

そうだね。営業と経理だね。サラリーマン時代には

やらなくてよかったし、考えなくってよかったから。」


営業ということは、お仕事を頂くためにお客さんに

お願いしに行くんだよね。


「そう。でも“お願いに行く”のではなく、“提案に行く”と

思っているよ。“これをやって”とお客さんに依頼される

のではなく、新しいデザインやシステマタイズをこちらから

提案していく。それがデザインの営業だと思っている。」


かっこいいー!


「それほどでも・・・」


で、お金の管理は?


「僕のことをよく知っているトポくん!一番の心配事でしょ?」


はい・・・。


「自分で管理するよ。お金の流れがわからない社長の会社は、

つぶれちゃう。でも、1セント(1円)単位まで細かく

管理すると、大胆な挑戦ができなくなる器に小さい社長になる

虞があるから、子猫に任せた!」


NEP-D

http://www.nep-d.com

最新記事

すべて表示

(1)転職

フランコさんは、3年くらいごとに勤め先を変えた。 飽きっぽいわけでも、いい加減なわけでもない。 「今の会社がいやだからと転職しても、問題は同じさ。 カーデザイナーとしての経験を積みたかったんだ。」 デザイン会社、メーカーのどちらも経験した。 イタリアだけでなく、クルマの国日本でも企業勤めができた。 コンセプトを明確に打ち出すことのできるデザイン会社、 企画から参加できるメーカー。どちらにもそれぞれ

(2)会社事情その1

フランコさんから興味深いことを聞いた。 「イタリアと日本では、会社のイメージが ずいぶん違うんだ。」 イタリアから見た日本の会社のイメージは、 バリバリ働く忠犬(誉めています)。 ところが、仕事中や会議中に、ウトウトしている 怠け猫(なぜネコ?)もいるんだって。 従業員解雇の厳しいイタリアでも、仕事中の居眠りは 即解雇なのに。 「僕は人とコミュニケーションを図りながら アイデアを生んでいく。なのに