• SantilloFrancesco

(19)今後の展開

今後の展開は?


「会社は、営利だけではなくて、並行して社会貢献しなければ

ならない存在。僕は、ジュジャーロから教えてもらったものを、

い人につなげていきたい。007(ダブルオーセブン)計画」


007?


「40歳って社会人人生のちょうど真ん中。

下の世代と上の世代のボンド役。」


あー、だから007。


「学校でデザイナーの卵たちに教えたい」


トリノでも教えていたね。あの頃はまだイタルに入社した

ばかりで。


「そうだね。あの頃は、憧れのカーデザイナーになったばかりで、

熱のこもった授業をしていたよ。今は、経験を積んで説得力が

増したと思う」


メーカーに対しては?


「じぃになる」


じじぃ?


「じじぃじゃなくて。暴れん坊将軍のそばにいて、

“殿、それは困ります”と殿に意見する小うるさいじいさん。」


殿(メーカー)の向こうにいるコンシューマに嫌われるような

ことは、メーカーにさせてはいけないから」


疎まれるだろうけど、メーカーの為だよね。


NEP-D

http://www.nep-d.com

最新記事

すべて表示

(1)転職

フランコさんは、3年くらいごとに勤め先を変えた。 飽きっぽいわけでも、いい加減なわけでもない。 「今の会社がいやだからと転職しても、問題は同じさ。 カーデザイナーとしての経験を積みたかったんだ。」 デザイン会社、メーカーのどちらも経験した。 イタリアだけでなく、クルマの国日本でも企業勤めができた。 コンセプトを明確に打ち出すことのできるデザイン会社、 企画から参加できるメーカー。どちらにもそれぞれ

(2)会社事情その1

フランコさんから興味深いことを聞いた。 「イタリアと日本では、会社のイメージが ずいぶん違うんだ。」 イタリアから見た日本の会社のイメージは、 バリバリ働く忠犬(誉めています)。 ところが、仕事中や会議中に、ウトウトしている 怠け猫(なぜネコ?)もいるんだって。 従業員解雇の厳しいイタリアでも、仕事中の居眠りは 即解雇なのに。 「僕は人とコミュニケーションを図りながら アイデアを生んでいく。なのに