• SantilloFrancesco

(4)故郷

スカレアは、サプリから更に40kmほど南へ下ったところに

位置する町。夏になると、イタリア内外からバカンスを楽しむ

人々がやってくる。


【スカレア夏の海岸】


何kmも続く海岸には、パラソルの花。すぐ裏の山の斜面を

這うように上る階段の脇には、古い石造りの家々が並ぶ。

スカレアがスカーレ(階段)、スカレアと名づけられた由縁だ。


【スカレアの古い町並み】


僕は、トリノから出たことがない。だから、スカレアを知らない。

僕とミキの子供たち、トムとジェリーは、スカレアで暮らして

いる。青い海、新鮮な魚、子猫ちゃん。。。

ネコにとって、スカレアはパラダイスだ。


 パパの新しい仕事は、イタリア鉄道FS(旧国鉄)の鉄道マン。

手先の器用なパパは、メカニックとして働いた。しばらくして

「運転してみる?」。そして、運転手となった。


フランコさんは、パパの運転する電車によく乗せてもらった。

通勤のバイクにも一緒に乗った。フランコさんは、乗り物

すべてが、大好きになった。


【海岸から見たスカレアベッキア】


最新記事

すべて表示

(1)再会